雨漏りの調査後の新築住宅の修理について知ろう。

新築住宅なら保険で雨漏りの調査と修理ができる?

雨漏りの調査や修理は、保険を利用すれば費用が補償されることがあります。他にも知っておくと役に立つ情報をご紹介します。

保険で雨漏りを解決する

火災保険を利用すれば雨漏り調査や修理にかかる費用は補償されますか?
雨漏りの原因が台風などの風災による破損の場合は、火災保険の風災補償が適用されるので、保険金をもらうことが可能です。しかし、雨漏りの被害を放置してしまうと老朽化や経年劣化と判断されて、支払いの対象外となってしまうので注意が必要です。
新築住宅で利用できる保険などはありますか?
新築住宅で雨漏りが発生した場合、「品確法」により築10年以内であれば家を建てた業者が無償で修理してくれます。しかし、10年以内に雨漏りが発生していて、それに気付いたのが10年を過ぎてからであった場合は有償になります。雨漏りを早期発見するためにも、雨漏りの調査を行なっておくことをおすすめします。

雨漏りの調査後の修理

雨漏りの調査が終わり原因箇所の特定ができたら、次は修理を行ないます。業者では次のような方法で修理をしていきます。

雨漏り修理の方法

屋根からの雨漏りを修理
屋根から雨漏りする原因は、塗装の剥がれやコーキングの劣化、屋根材の破損などです。屋根を塗装し直したり、防水コーキングを充填したり、屋根材の張り替えといった修理を行ないます。
外壁からの雨漏りを修理
外壁からの雨漏りは、外壁塗装の剥がれやひび割れ、外壁材の破損などが原因です。屋根と同様、外壁の塗装を替えたり、ひび割れを補修したりして雨漏りを修理していきます。
内装への雨漏りを修理
雨水が室内に浸入してくると、天井や壁にシミができてしまいます。これらを補修するために、天井の修理やクロスの張り替えを行ないます。天井の修理に関しては、被害の状況によって工事の内容が異なります。
TOPボタン